洗車

車には、泥・埃・虫以外にも、鉄粉、カエルの死骸、古くなったワックスやコーディング、雨や水道水などのミネラル分など落ちにくい汚れが付着しています。
これらが残ったまま研磨を始めると、汚れを巻き込んで傷をつけてしまう恐れがあります。
そのため、塗装や研磨前は車に付着している汚れを完全にクリーンにしておくことが大切です。
洗車する際は大きな面だけではなく、ドアを開けた際のヒンジ部分やエンブレムやパネルの隅など細かい部分が美しいと仕上がりの完成度が高く、他の車と差別化できるような仕上がりになります。決して楽な作業ではありませんが、省くことはできない作業です。

洗車

研磨

車を美しく仕上げるには、コーティング剤も重要ですが、施工前の洗車や研磨が大切です。
これは、人間のメイクにおいて、素肌が荒れているよりも、素肌が綺麗なほうが美しくしあがるのと同じです。
この事実を知っている業者は少ないですが、知っていたとしても、実施できる店舗はなかなかありません。
当店では、「ダブル研磨技法」を採用。一般的な磨きよりも、研磨剤でつく傷(パフ目)がほとんど発生しないため、深く研磨する必要がないので塗装の膜厚を保つことができます。

研磨

コーティング

愛車の見た目をさらに高めて、汚れや傷をつきにくくしてくれるカーコーティング。昨今様々な技術が生まれ、「○年間水洗いだけでOK!」などの、魅力的なキャッチコピーのコーティングが増えてきました。とはいっても、メンテナンスフリーでいられるコーティングはないですし、汚れや洗車傷もつきます。

当店としては「施工直後の綺麗さはもちろんのこと、それから1年、2年経っても綺麗であることこそコーティングした意味がある」と考えており、正しい洗車方法とメンテナンス方法をお客様にお伝えして、綺麗なクルマは維持できるんだということを体験していただきたく思います。
カーコーティングには2種類あり、「極艶ビューティフルコート」「グロスアーマー」があり、どれも仕上がりの美しさとメンテナンスのしやすさが自慢です。
洗車がしにくく車の劣化がしやすい雪国で生まれたカーコーティング方法なので耐久性は抜群。
長期的に車の美しさをキープできるので、是非新車を購入された方はご検討ください。

コーティング